埼玉県アロマ音叉療法士®️

アロマ音叉®️で最初に使う音

アロマ音叉®️トリートメントを行う際に、まず初めにチャイムバーというものを鳴らす。

一度聞いていただければわかるのだが、「この音を聞くだけでリラックスして、眠くなってしまった。」という感想をよくいただく。

アロマ音叉®️の時に使っているチャイムバーは、528Hzと432Hzのもの。この2つの周波数を鳴らすというのは大きな意味がある。

528Hzは、閉じたハートを優しく開き、傷ついた細胞の修復をすると言われている。愛の周波数として知られている。

432Hzは、浄化・クライアリング・魂の目覚め・光、時間、空間、物質、重力、電磁気の特性と統合してくれる。宇宙の周波数と言われている。

この2本づかいをして、そこでできた第3の周波数こそがヒーリングをもたらすのである。チャイムバーを鳴らして、この音が聞こえなくなった所から、100m範囲に波が届くらしい。

なので、マンションの自分の部屋でこのチャイムバーを鳴らしていたら、いつも喧嘩をしていてうるさかったご夫婦が、めっきりうるさくなくなったというような話もある。

アロマ音叉®️トリートメントのプロローグとしてこの2つの周波数を聞くだけでリラックスして、なんなら始まって5分もたたないうちにウトウトされる方がいるくらい、心も身体も緩んでいくのが、このトリートメントの醍醐味なのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP