埼玉県アロマ音叉療法士®️

噂通りの…

今日は、先日受けることのできなかった「キロン」という小惑星の

周波数を持つ音叉を使った施術を、同期の方達に教えてもらった。

キロンは射手座のモデルとなっているギリシャ神話の登場人物で、

いくつかの物悲しいエピソードもありつつ、

希少の荒い登場人物が多いギリシャ神話の中では

とても博学で心優しい紳士的なキャラクターである。

一人のセラピスト仲間が「この音を聞いて怖かった。」というので、

私も聞いてみた。確かに怖いかも。

もう1回聞いてみよう。うん、やっぱり怖いかなぁ。

ではもう1回。するとある時の状況が浮かんだ。

何度か見たことのある、セノーテに放り込まれている場面。

なぜ放り込まれたか?

私が星を見上げて自分の思ったことを発したことで、

周りの大人たちが一瞬にして凍りつき、

気がついたら縄で縛られ、ぼちゃ〜んとされていた。

ここまでの場面は何度となく見たことがあった。

でも今回は、いつもと少し違った。

その場面んが思い浮かぶと同時に

お腹が締められているように急に痛くなり、

気分が悪くなってきた。

しばらく経つと私を沈めるための石を紐で結いて、

それが私のお腹に巻かれていたような感覚が出てきた。

ただ、キロンを聞いただけなのに。

その後、アファメーションを決めるために話をした。

私はその経験から何を感じたのか?

何を学んだのか?

最終的に

『私が相手を思い発する言葉が、相手を笑顔にさせ気づきを与えています』

というアファメーションに決めた。

私はいくつもの講座を開ける資格を取得しても、

「その分野の1番ではないので教えられない」と思ってきた。

それは、私の過去世らしきものから来ているかも知れない。

安易に人に物事を伝えてしまうと、消されてしまう。

それならば潰されることのないだけの知識、知恵を得て、

誰にも何も言わせないくらいになってからにしよう。

しかし、そんな日はいつになってもくるはずがなく、

最近になってようやく様子見状態で始めてみるかな、と思い出したところ。

でも、今日感じた。

それは過去のこと。

自分が正しいと思うこと、人に伝えるべきだと思うことは

発していくことを許可、赦していこうと。

自分への赦し。私のテーマはここにあったのか…。

アファメーションを決める時点でそこまでの気づきがあっての施術。

受けている最中には、全く怖さはなかった。

キロンの振動はとても細やかで、持続性があるように感じた。

体の隅々まで震わせ、余計なものは振り落とし、

よりオリジナルの自分に戻していく感じ。

施術が終わった後は、心穏やかな感じがした。

施術を受けている最中には、やはり沈められている場面が見えた。

どんどん沈んでいき周りは暗くなっていくけれど、光はさしていた。

「その時代によって色々あるよなぁ。

 でもいつでも光はさしている。

 もう私は沈められた時代に生きているわけではない。

 光に向かって浮上していこう」

そんな思いが出てきて、じんわりやる気が湧いてきている気がした。

そんな感想を仲間に伝えていると「で、お腹の調子は大丈夫?」

と聞かれて“はっ”

痛みがすっかり消えていた。これまた不思議な体験。

これがキロンの施術なのか。

確かに安易に行うべきではないトリートメントのように感じた。

なんだかとってもすごい施術を教わった気がする。

誰にでも行える施術ではないけれど、

本気で向き合う気持ちがある方、お付き合いします。

新月の今日感じた思いは、

私のこれからに大いに影響してくる感じがしている。

今日この日にこの施術を受けられたことに感謝!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP