埼玉県アロマ音叉療法士®️

糸かけ数楽カフェ開催

昨日は、朝霞の世界のトモソダチcafe COZYで、糸かけ数楽カフェを開催した。

以前から、サロンに来てくれた時に「私も作りたい!」と

リクエストしてくれていたアロマ音叉仲間のカリーナちゃん麗子ちゃん

やっと実現。

COZYさんも緊急事態宣言が解除されて、

ランチを楽しんでいらっしゃる方たちが増え、

店内賑わっておりました。

そんな中で、釘をトントン。

年配の方も赤ちゃんもいたりする中、

トントンするのはちょっと気が引けていたのだけれど、

みんな「何しているの?」と声をかけてくださったりして、

本人たちが気にするほど、周りは気にされていないご様子。

むしろ興味を持ってくださるという。

これは、このカフェ独特の空気感なのか、

それとも世の中とは自分が気にするほど周りは

自分のことを気にしてはいないということなのか。

ということで、気にせず自分たちの作業に専念。

釘をまっすぐに高さを揃えて打つというのはかなり難しい。

「大工さんってすごいね。」

と言いながら110本の釘を打ってもらった。

そして、いよいよ糸かけ。

基本の形、円からかけはじめた。

最初はゆっくりゆっくり間違えないようにと、

慎重に糸をかけ始めるけれど、そのうち慣れてくると

この規則的な動きが楽しくなってきてゾーンに入っていく。

「これ楽しくなってくるのわかる。」

と二人とも糸かけの楽しさに気づいてくれた様子だった。

今回は、円だけで時間が来てしまったのであとはお家でということで終了。

その後も、色々と話して楽しい時間を過ごした。

カリーナちゃんはお家に帰ってすぐに完成させて、写真を送ってくれた。

麗子ちゃんも、取り組んでくれていてほっ。

結構一人になるとやらなくなってしまうこともあるので。

講座中に男の子が「これは何のお遊び?」と声をかけてくれた。

「お遊び」という言葉の使い方にキュン。

言葉づかいの大切さを教えてもらった。

そして、お子様向けにもやりたいなぁ。

カフェのオーナー直子さんにもお子様向けにもやりたいな、

と話したら「やろう、やろう。」と言ってくれたので、

こちらも実現させたいな、と思う。

「考えてばかりでなく動いてみる」

この重要性を感じる今日この頃。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP