埼玉県アロマ音叉療法士®️

『怖い』

あなたは何に”怖い”を感じる?

そもそも『怖い』とは

①危害を加えられそうで逃げ出したい感じだ。

 自分に危険なことが起こりそうで身がすくむ思いだ。

②悪い結果が予想されて不安だ。先行きが心配で避けたい。

③軽視できない。予想以上に大した力を持っている。

(大辞林より)

経験して痛い目にあったことを怖いと思うし、

まだ経験していない未知のことにも怖いと思う。

Photo by Egor Myznik on Unsplash

それは自分のセイフティーゾーン以外のものは全てが怖いということ。

ということは、怖いを超え、セイフティーゾーンを広げない限り、

怖いものは怖いままとなってしまう。

怖いを克服する。

危害が及ぶようなことに自ら挑戦する必要はないかもしれないが、

もしかしたら、そこを超えると新しい世界が見えるかもしれない。

新しい世界を見るというのなら、

勝手に悪い結果を予想し、その場に留まり動かないでいてはできない。

動いてみて、新しい世界を見て自分が思っていた世界との違いを

見てみることや経験を積むことで怖いは薄れていくはず。

経験してみた結果、怖さを知るという場合もある。

でも1度行動をしたのなら、どうして怖い結果だったのかを知っているはず。

ならば、同じ道を歩まなければ怖さを回避できるのでは?

”怖い” を『快』と『不快』かに分けるとしたら、怖いは『不快』

『不快』を『快』に変えていく方法を、経験を積むことで知ることになる。

何故、怖さを感じるのか?

どうしたら怖くなくなるのか?

そこに目を向けてみること。

それをするのにアロマ音叉®︎セラピーは最適なツール。

ゆっくりゆっくり自分の気持ちに向き合うこと。

トリートメントだけでなく、セッションにもじっくりと時間を使う。

あなたの気持ちに寄り添い、サポートするのが私の役目。

あなた自身で自分の怖いに目を向けていく。

だから、納得し行動に移していける。

あなたの『快』を増やしませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP