埼玉県アロマ音叉療法士®️

そんな風に

私のヴェーダンタの先生であるたかみさんから、

「長男の撮った写真を使っても良いかな?」と連絡をもらった。

たかみさんには長男もお世話になったので、

長男の近況報告も兼ねて、最近行った旅行先での写真も送り付けていた。

我が子の撮った写真なんだけど「うまくない?」と思って(笑)

そしたら、こんな風にブログで書いてくださった。

こちらからどうぞ

 もちろん、長男にも写真を使っても良いかも、

こんな風に書いてくれたということも知らせた。 

長男は写真を使ってくれると言ってもらったことも喜び、

ブログを読んで「こんな風に思ってくれてるんだ…。ありがたいな。」

とぼそっと言っていた。 

私も読ませてもらってなんか嬉しかった。

彼がちょっと悩んだ時、私もセラピストの端くれと思い彼と向き合った。

アロマ音叉®️トリートメントをして色々話した。

今まで聞けなかった思いも聞けたけれど、

心を持ち直すまでには持っていけなかった。 

「病院に行きたい。」と言っていたのを、

「まずはカウンセリングを受けてみようよ。」と説得して、

たかみさんにカウンセリングをお願いした。

そしたら、2、3時間話しただけで自分を取り戻していた。

少しずつ話だし、今まで食べなかった分を取り戻すかのように、

たくさんご飯を食べていた。

その姿を見て「大丈夫だな。」と思えた。

母として本当にホッとした瞬間だった。 

 たかみさんからは「自由にさせてあげ。」と言われた。

何気にコントロールしていたのだろう。

私もそれを気にするようになり彼のやりたいことを

尊重するようにしてからの彼はイキイキしている。

 絵の勉強も始め、バイト先も変えて、一人旅を満喫して。

自分を楽しんでいる感じ。 

何を話したのかは知らない。聞かない。

ただ、私もそんなカウンセリングができるようになりたい。

その人がイキイキと過ごせるようになれるセッション。

アロマ音叉®️とかセッションとの最強コンビで、

多くの人の拠り所になれるようなセラピスト。

まだまだ精進だ。

Photo by J W on Unsplash

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP