埼玉県アロマ音叉療法士®️

「楽しみながら」への罪悪感

オリンピックも終盤。

カーリングのロコ・ソラーレが劇的に準決勝に進めたかと思ったら、

今日は、1次リーグでは敗れたスイスに勝利して、

決勝への切符を手に入れた。

彼女たち、いつでも楽しそう。

勝っていても、負けていてもよく喋り、よく笑い、

いつでも楽しそうに見える。

カーリングをやれていること自体が楽しくて、

勝負にはもちろん勝つためにやっているのだろうけど、

それよりもその場をチーム全員で楽しんでいる感じが伝わってきて、

いいなぁ、と思う。

そんな風に見ている私の隣で勝負の世界にいたパパが、

この試合の場で楽しくやっている雰囲気が許せないらしく、

「なんかこの人たち嫌だ。」とポツリと言った。

「なんで?楽しくやってていいじゃん。」

というと、

「こんな真剣勝負の場で…。」とブツブツ。

パパの中では真剣勝負の場で、

”楽しむ”や”笑顔”は共存してはならないのだろう。

Photo by Kido Dong on Unsplash

その割に、次男が試合に出るときには

「いっぱい喋って、普段通り楽しんでやれ。」と声を掛ける。

矛盾している…。

多分頭の中で”楽しんでやった方がいいんだよな”ということは知っているけど、

”真剣な場で笑顔でいるなんて”って今まで教わってきたことや、

過ごしてきた環境からして違和感が出てくるのだろう。

こういう感覚、中高年以降の方たちには多いのではないかと思う。

仕事に関しては特に。

仕事とは、辛いもの。

大変なのが仕事。

苦労してこそお金がいただける。

それが、”仕事とは楽しむこと”と変換されたなら、

どれだけ人生に笑顔が増えることか。

仕事に限らずだけれども。

苦労することも大切。

でも、その苦労も楽しいと思えたならどれだけ良いか。

Photo by Brandi Redd on Unsplash

いつでもどんな状況であっても、

人は楽しんで良いのだと思う。

世界の舞台に立ち、大きなプレッシャーの中、

その場に立っている自分を楽しめている人たちが、

活躍しているように今回のオリンピックを見ていて思った。

あなたも自分を楽しみませんか?

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

〜数秘ベーシック講座〜

○ 講座回数 4回 (3時間/回)

○ 講座料金 53,000円 (教材費・認定料込み)

○ 開催日程 リクエスト開催・日程は受講者様と調整いたします

○ 場所 じぶんサポートサロン 波音(埼玉県東川口)

     もしくはオンライン受講

 

まずは、ちょっと自分だけを知りたいという方には、

『私のトリセツ1DAY講座』がオススメ!

詳しくはこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP