埼玉県アロマ音叉療法士®️

何に気づく?

久しぶりのヴェーダンタのレッスンだった。

約2ヶ月ぶり。

改めてお話を聞かせていただいていたら、

やっぱり奥が深いなぁ、と改めて思わされた。

近頃、仕事に対していい加減な態度の人たちに対して、

イライラを感じていた。

私の場合、「先生」と「生徒」と言う立場の時に起こりやすい。

何度も経験している。

「それは自分が何かを学ぶために起きている現実。

 だとしたら、そこから何を見る?」

と言われ、しばらく考えたがわからなかった。

自分がされると嫌なので、自分のクライアントさんや

生徒さんに対しては、常に誠実でいることを心がけている。

それが足りていないということなのか?

何が抜けているんだ?

そこで言われたのが、

「必ずしも同じ形で表されているわけではない。

けいちゃんの場合、自分に対していい加減になっていない?」

と言われた。

つまり、自分が「おかしい!」と思ったとしても相手に伝えることはなく、

自分の気持ちは蔑ろにしながら、その状況を続けていく。

それこそが自分に対していい加減なんじゃない?と。

そう言われると、ズバリで何も言えない。

私が何も言わなければ、こちらがイラッとしているだけで、

特に問題はないのだから、と思ってしまう。

究極イライラが募るとそこから去る。

だから、関係は途切れる。

もっとそこで学びたいことがあったとしても。

それは自分を蔑ろにした結果だ。

別に喧嘩した方が良い、と言っているわけではなく、

自分の思いをきちんと伝えることも必要だということ。

確かに、昔はパパに何か言われた時イラッとしても聞き流していた。

自分の思いはグッと我慢して。

でも、ある時から違うと思うことは

「私はこう思う。」と伝えるようになった。

一時的にわ〜っと言い合いになることもあるけれど、

私も彼の意見をもっと聞けるようになったし、

自分も言うのでさらに関係は良好になったと思う。

「現実は自分の心を映し出している」とはよく言うけれど、

なかなか自分では映し出している意味を理解できなかったりする。

人のことならよく見えるのに。

なぜ同じようなことが繰り返されるのか?

自分では見えてこないあなた。

私と一緒に見てみませんか?

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

〜数秘ベーシック講座〜

○ 講座回数 4回 (3時間/回)

○ 講座料金 53,000円 (教材費・認定料込み)

○ 開催日程 リクエスト開催・日程は受講者様と調整いたします

○ 場所 じぶんサポートサロン 波音(埼玉県東川口)

     もしくはオンライン受講

 

まずは、ちょっと自分だけを知りたいという方には、

『私のトリセツ1DAY講座』がオススメ!

詳しくはこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP