BLOG

結果ではなく

物事に何でもかんでも意味付けするのは好きではないが、

それでもやっぱり何か意味があって起こっているんだろうな、

と思うことが続いている。

出先で次の用事までぽっかり空いてしまった2時間半。

何してようか?

時間を潰せるところと考え、近くのショッピングモールへ行った。

いつもならいろいろ見て歩くのだが、

先日買い物はしたばかりなので欲しいものもない。

すると、コーヒーを飲みながら本を読んでいる方が目に入った。

本屋さんに行こう。

偶然目に入ったのが『ケーキの切れない非行少年たち』

それを手にして喫茶店に入った。

映画『プリズンサークル』と良い、この本と良い、

”結果”にだけ目をやるのではなく、

その行動をとった“原因”に目を向けろ!

と強く、強く言われている気がする。

いや、もはや気がするではなく、言われてるな。

保育園児虐待で逮捕された保育士たち。

悪魔のように報道されていたりするが、

「優しい先生だった。」と言っている子もいた。

自分の子でも育てるのは大変なのに、

責任を持って大切なお子さんを預かって面倒を見る仕事選ぶということは、

子供が大好きで、大変なお母さんたちの役に立ちたいという

心優しい思いがあったのだと思う。

それが本来のその人なのだろう。

だが、今回このような事件を起こした。

その理由として「コロナで業務量が増えて負担だった。」と自供している。

さらに「暴力をふるっている意識はなかった。」と話している人もいるらしい。

つまりは、『自分がしてはいけないことをしている』という自覚がなかったということ。

その状態になぜなってしまったのか。

あなたはイライラが溜まって子供に当たってしまうことはない?

「保育士なんだから。」と言うかもしれないが、

保育士だって人だし、キャパだって決まってる。

「あの人は保育士のくせに子供たちに暴力をふるって悪人だ。」

と、ニュースで流し、ある意味晒し者のように罰するのではなく、

そうさせてしまった状況にも目を向けるべきだと思う。

政府や自治体などは「体温を測れ。消毒を徹底しろ。」と、

あれしろ、これしろと命令だけ下してくるが、

現場の大変さを考慮し、最善な方法を考えて指示を出してくれてたら。

もしくは、現場の人が例えば

「大変過ぎるから、人を増やして欲しい。そのための援助をして欲しい。」

ときちんと意見を言えて、それを聞き入れる体制ができていたなら。

いろんな策は考えられたと思う。

もし、保育士たちの意見を聞いてあげる場が設けられていたなら、

被害者も加害者も存在することはなかったのではないか。

犯してしまった罪にだけ目を向けるのではなく、

もっともっとその人がそうすることを選んでしまった要因に

目を向けていく社会になっていったら、

もっともっと生きやすい世の中になっていくのではないかと思う。

何はともあれ自分の思いを『話せる場』を設けてあげること。

『聞いてもらえる場』を与えてあげること。

どんな人にも必要な場だと強く強く思う。

それを認識させるようなことが必然的に私に起こっているように感じる。

結果が重要なのではない。その過程が大事。

よく言われていることだが、今更ながら納得。

なぜに現状に至っているのか?

その原因を自分の言葉で探ってみませんか?

当サロンは「話せる場」です。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

〜数秘ベーシックコース〜

○ 講座回数 4回 (3時間/回)

○ 講座料金 53,000円 (教材費・認定料込み)

○ 開催日程 リクエスト開催・日程は受講者様と調整いたします

○ 場所 じぶんサポートサロン 波音(埼玉県東川口)

     もしくはオンライン受講

 

まずは、ちょっと自分だけを知りたいという方には、

『私のトリセツ1DAY講座』がオススメ!

詳しくはこちらから

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

〜チャクラスペシャルトリートメント〜

 3つの”悦”を味わえるチャクラスペシャルトリートメント

・身体が軽くなる”悦”

・自分の思いを知る”悦”

・魂の輝きを取り戻す”悦”

 波動測定器を使い今のチャクラの状態を可視化し確認。

 それを参考にしながら、今の状況、今後どうしていきたいかの

 セッションを行います。

 その後、チャクラオイルとクリスタル、そして音叉を使って行う

 贅沢トリートメント。

 全てのチャクラのバランスを整えていきます。

 180分 28,000円

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP