BLOG

自分の存在を実感する

私は、韓国ドラマが好きでよく見ている。

そこで思うのは、日本のドラマに比べて「自殺」という題材が多いということ。

確かに、韓国の自殺者数は先進国中トップの日本よりも多い。

先進国でトップの日本とOECD30カ国中でトップの韓国の共通点は、

「苦しいこともしっかり我慢する」という教え。

これは第1チャクラのキーワードである”同族としての道徳観”が関係してる。

その国の集団意識でもあるし、小さい時から「そうであることが正しい」と

植え付けられてしまった考えが第1チャクラに備わってしまったため、

一個人としての本来の思いとのずれが生じ、

生きる活力を生み出すはずの第1チャクラが、その働きをしなくなってしまった。

むしろマイナスに働き出し、自殺という選択をしてしまう。

特に「苦しいこともしっかり我慢する」と強く教え込まれた中高年男性の自殺が多いのは、

正に第1チャクラの働きが緩慢になってしまっていると言えるだろう。

また、若い人たちの自殺も増加傾向にある。その原因はいじめ。

最近の人たちは薄れていると言われているが、人は基本、帰属意識がある。

これは第1チャクラの根源的強さとして持っているもので、

集団に所属することで、物質界とのつながりと安心感を得られる。

いじめられるということは、その安心感から切り離されるということであって、

やはり第1チャクラの働きは悪くなり、マイナスの方向へ向かっていく。   

第1チャクラを良好に働かせるためにはどうしたら良いのか?

その人本人の考え方より、呪縛のように植え付けられている

「苦しいことも我慢する」という考え方から解放していくこと。

どんな時でもそうであるべきなのだろうか?

自分は本当にその考えに従うことで幸せなのかを、自ら考える必要がある。

またいじめで苦しんでいる子たちは、その集団に所属していなくてはならないのか?

逃げる、避けるという選択もあるのだということ。

どこかの集団に所属したいというのであれば、他の集団もあるのだということを知ること。

第1チャクラが過剰または減衰してしまうと、行動が狭まり考えも凝り固まり、

生きていく気力が失われていく傾向がある。

キーワードから、どんな考えが支障をきたしているのかを見ていくことで、

気づきが生まれ、第1チャクラの働きが正常となっていく。

第1チャクラは、この世で生きていく上で大切な基盤となるチャクラ。

第1チャクラが良好に回転していくことで、上のチャクラも育っていく。

力強く働かせ、安心感を得て幸せな生き方をしていくために、

しっかりと見つめるべき重要なチャクラなのである。

この他にも、なんだかやる気が出ない、人間関係がうまくいかないなど、

前回の第1チャクラのキーワードに当てはまるところを見直し、

自分と向き合うことをして、自分の存在を実感していただきたい。

しかし、自分一人で行うのはなかなか難しいこと。

そんな時はお手伝いさせていただきます。

一緒に取り組んでみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP